エリア紹介

校訓


1年生 基礎能力養成

1年生ではすべての事務員の基礎となる簿記や電卓、ワープロや表計算などのビジネスアプリケーション、社会人として必要な接客マナーなどを身につけます。普通高校出身者でも習熟度別授業なので安心です。もちろんメインの医療事務の学習も行われます。
前期には医学や検査、法律の知識を習得し、カルテの読解力を養います。
そしていよいよ後期は医療事務系の検定取得に挑戦です。医療事務員として大事な仕事の一つ、診療報酬請求事務(レセプト業務)の基本は1年目で完成するのです。

2年生 エリア選択

1年目にしっかりと基礎を身につけたら、各自の適性・目標・取得検定に応じて専門知識を伸ばします。

メディカルコーディングエリア

医師との連携を図りながら、コーディング業務を行います。今後の医学研究や病院経営、分析に欠かせない存在です。

診療情報管理

診療情報管理とは、医師が記載した診療録(カルテ)に含まれるデータや情報を加工、分析、編集し活用することにより医療の安全管理、質の向上および病院の経営管理に寄与する重要な仕事です。

医師事務作業補助

多忙な医師の事務作業をサポートできるのが、医師事務作業補助。医師の片腕になれる事務職として職場で重宝されるのです。

その他の職業:秘書

KEY POINTS
  • 医療事務員の価値を高める
    様々なデータの管理、統計、分析を行うことで病院の経営や研究、改善に欠かせない人材を目指します。
  • 電子カルテに対応できる
    病院では医療事務コンピュータから電子カルテ導入へと変化しています。
  • 多忙な医師のサポートができる
    本来医師が作成する診断書などの書類を、医療事務員が医師の指示のもとで補助、作成することができます。
調剤事務エリア

調剤薬局における保険請求を行うための知識を学び、調剤事務管理士の資格取得を目指します。

調剤事務

受付・会計のみならず、患者さまから処方箋を受け取り、ミスがないかをチェックし、薬剤師に受け渡す、新規の患者さまに問診の記載をお願いするなど、多岐に渡ります。

介護事務

高齢化社会が進み、介護の需要が高まっています。医療事務と同じように、介護施設にも介護報酬という、重要な仕事があります。

その他の職業:調剤助手

KEY POINTS
ページトップ